交通事故で相手が任意保険を使わない場合にとるべき行動を知っておきましょう

現代の日本において日常生活に欠かせないものを挙げていけばキリがありませんが、自動車は間違いなくその内の一つに入るのではないでしょうか。仕事や通勤などで自動車を使用する人はもちろん、公共交通機関が発達していない多くの地域では、日常生活において自動車が無ければ何も出来ないという状況に陥ってしまうことは想像に難くありません。

誰もが交通事故に遭う可能性があります

毎日のように自動車に乗るという人は老若男女に関わらず膨大な数に上ると思いますが、ここで忘れてはいけないのが生活を便利に快適にしてくれる自動車は、一方で常に交通事故を起こすリスクを孕んでいるということです。参考情報...アディーレ法律事務所 … 交通事故後遺症

自分は運転はしないから交通事故とは関係ない、と思っている人もいるかもしれませんが、歩行中に自動車と接触する可能性も十分にありますので、現代社会に生きる誰もが交通事故のリスクと隣り合わせで生活しています。

万が一の交通事故のために任意保険への加入が大切です

しかし自動車を保有し、運転をする多くの人はそうした突然の交通事故に備えて任意保険に加入していますので、万が一事故を起こしてしまったり、遭遇してしまったとしても、任意保険会社が示談交渉から賠償金の支払いまで全て行ってくれるので安心です。

相手方と示談交渉を行う必要がある交通事故を起こした経験がある人の多くは、任意保険に加入しておいて本当に良かったと感じるのではないでしょうか。そして交通事故の被害者になった際は、加害者側が任意保険に加入してくれていて良かったと感じるはずです。

相手が無保険の場合は要注意です

そのようにお互いが任意保険に加入しており、保険会社同士で過失交渉を含めた示談交渉を行ってくれたり、賠償金の支払いを済ませることが出来れば何の問題もありませんが、問題は相手が任意保険を使わないという場合だと思います。

任意保険を使用すると保険の等級が下がるので保険を使用せず自費で支払う、という場合はまだ分かりますし、任意保険には加入しているので示談交渉なども保険会社が行ってくれるはずですのでそれほど困ることは無いでしょう。

問題は、交通事故の相手が無保険だった場合です。

無保険の相手との示談交渉は大変です

無保険ということは保険会社が示談交渉や賠償金の支払いを行うことはありませんので、全て相手方と直接交渉し、支払って貰うことになります。そもそも自動車を保有し、運転しているのに無保険の人がいるのかと、信じられない気持ちになる人も多いと思います。

しかし残念なことに無保険にも関わらず自動車を運転している人は少なからず存在していますので、無保険の相手と交通事故を起こす可能性は誰にでもあると言えます。残念なことに無保険の人は、支払いたいけれど支払う能力が無い、と開き直る場合も少なくありませんので、そのような人と交通事故を起こしてしまうと途方に暮れることになってしまいます。

無保険の相手と戦う方法はあります

特に相手方から追突されるなどのように完全な被害事故の場合や、相手方の過失割合が非常に大きい交通事故の場合は、相手方からの賠償金の支払いがなされないとなると納得することなど出来ないはずです。そうは言っても相手には窓口になる保険会社も無く、支払い能力も無いと言われてしまえば泣き寝入りするしかないと思ってしまいがちですが、決して泣き寝入りする必要は無いので安心してください。

任意保険に加入せず、賠償責任も負わずに済ませようとしている相手にも、しっかり賠償責任を果たして貰わなければいけません。

弁護士への依頼が一番安心です

交通事故の相手が無保険で、示談交渉や賠償金の支払いにも応じるように再三連絡しても応じようとしない時や、連絡もつかなくなった、というような状況の時は、弁護士に依頼することが一番安心です。

何と言ってもこのような民事上のトラブル解決のプロであり法律のプロですので、法に則りながら依頼人の要望に応える解決に導いてくれます。

相手方も弁護士から連絡があればさすがに応じることが多く、弁護士が登場したとたんに示談交渉がとんとん拍子に進み解決した、という場合もあります。

弁護士費用特約を付帯しているかどうか確認しましょう

弁護士に依頼することが一番安心だとは分かっていても、その場合気になるのが弁護士費用のことだと思います。相手から支払って貰う賠償金よりも弁護士費用の方が高くなってしまえば意味がありませんので、依頼を躊躇する人も少なくありません。

そのような時は、自らの任意保険に弁護士特約が無いかどうか確認しましょう。もし弁護士費用特約を付帯しているのであれば弁護士費用は任意保険会社が支払ってくれますので、弁護士費用のことを気にせず依頼することが出来ます。

そのため無保険の相手と事故を起こして困っている時は、まず自らの任意保険会社にも連絡し相談するとともに、契約内容の確認を行うことが大切です。

交通事故紛争処理センターを利用しましょう

それで弁護士費用特約を付帯していて問題なく弁護士に依頼することが出来ればひとまず安心ですが、弁護士費用特約を付帯していなかった場合はやはり費用が気になり依頼を躊躇せざるを得ません。その場合はもうどうしようも無いと思うかもしれませんが、世の中にはちゃんとそうした交通事故で困っている人を救済する機関が存在しています。

それが交通事故紛争処理センターですが、交通事故に関する紛争の早期解決の為に無料で交渉をサポートしてくれますので、誰もが安心して相談することが出来ます。

和解へのサポートが充実しています

交通事故紛争処理センターでは交通事故の被害者の相談を受け付けるだけではなく、加害者と被害者が和解することが出来るように公平中立な立場でアドバイスを行い、和解案を提案してくれます。それでも和解が難しい場合は法律の専門家で構成されている審査会を開催して、被害者と加害者の双方から事情を聴取し、過去の裁判例などから妥当と考えられる裁定が行われます。

無料で交通事故の相談をすることが出来るだけではなく、公平かつ中立な機関のため信頼性が高いことは交通紛争処理センターの大きな魅力ですし、無保険の相手との示談交渉においてサポートを受け続けることが出来るのは非常に心強いと言えるでしょう。

利用するデメリットも知っておきましょう

ただしこのようなメリットもたくさんある交通事故紛争処理センターですが、デメリットもありますので注意が必要です。まずメリットでもありますが、公平かつ中立な立場の機関であるが故に必ずしも被害者に寄り添い、被害者が満足するような結果にはならない可能性もあるということです。

更に交通事故紛争処理センターに法律相談などを行う場合は被害者自らが出向いて面談する必要があり、平日の昼間に何度も出向かなければならないというケースも珍しくありません。その際の交通費などは自己負担になりますし、仕事を休んだとしても休業補償は受けることが出来ません。

交通事故紛争処理センターを利用する際はこうしたデメリットが存在することを認識した上で利用し、後悔することのないようにすることも大切です。

無保険の相手との事故は事故解決のプロへ相談しましょう

自動車を運転するほとんどの人が安全運転を心掛け、交通事故を起こさないように注意していると思いますが、それでも交通事故に遭ってしまうことはあります。そしてその相手が無保険だった時はどうしていいのか分からず困惑してしまうと思いますが、弁護士や交通事故紛争処理センターなど頼りになる人や機関が存在しています。

無理に自分で何とかしようとせず交通事故のトラブルを解決するプロに相談しましょう。